このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

住宅省エネ改修(熱損失防止)に伴う住宅の固定資産税の減額

更新日:2020年9月25日

省エネ(熱損失防止)改修工事を行った住宅の固定資産税の減額について

 平成20年1月1日以前に建てられた住宅(賃貸住宅を除く)で、平成20年4月1日から令和4年3月31日までの間に、対象となる省エネ改修工事を行い、一定の基準に適合することが証明された場合、その住宅に係る翌年度分の固定資産税の税額(120平方メートル相当分)が3分の1減額されます。なお、平成29年4月1日から令和4年3月31日までの間に、長期優良住宅の認定を受けて改修した住宅については、翌年度分の固定資産税(120平方メートル相当分)が3分の2減額されます。

減額を受ける要件(上記以外)

・改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下の住宅
・(必須)窓の改修工事(外気と接するものの工事に限る。)
・上記の必須工事と合わせて行う、床の断熱改修工事、天井の断熱改修工事、壁の断熱改修工事(外気と接するものの工事に限る。)
・補助金等を除く自己負担額が50万円超の工事

申請方法について

 改修工事後3か月以内に、以下の書類を総務部税務課(北館2階)へ提出してください。
1 固定資産税減額申告書
2 現行の省エネ基準に適合した住宅であることを証する証明書(建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能機関が発行したもの)
3 工事明細書(改修工事の内容及び費用の確認をできるもの)
4 改修工事に係る領収書の写し
5 改修工事前後の写真
6 長期優良住宅の認定を受けて改修した場合は、その旨を証明する書類の写し
※6の書類については、該当の方のみの提出書類です。

減額申請書

 住宅の省エネ改修に伴う固定資産税減額申告書は、固定資産税の減額申請関係からダウンロードできます。

その他

・都市計画税の減額はありません。
・新築住宅の減額や耐震改修工事による減額との併用はできません。
・バリアフリー改修との併用はできます。
・この制度による減額は1戸につき1度となります。
・改修工事後3ヵ月以上経過してから申請する場合は、理由書が必要となります。

お問い合わせ

総務部 税務課
清須市役所北館2階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る