このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年9月の活動記録

更新日:2018年9月28日

永田市長の平成30年9月の公務活動について、写真とともにご紹介します。

9月28日(金曜日) 中嶋國博さん 表敬訪問

 午後3時からは、清須市出身の画家である中嶋國博(なかじまくにひろ)さんが市役所を訪れました。
 中嶋さんの作品は、ボールペンを用いた柔らかな表現で、硬質のペン画を覆す深みのある作品です。今までも栄のギャラリーで10回ほど展示会を開催されており、このたび清須市立図書館で11月15日(木曜日)から12月22日(土曜日)まで、作品展示されます。
 完成までに1か月半も要する大作をこの機会にぜひご覧ください。

9月28日(金曜日) 清洲MDA 表敬訪問

 午後2時からは、舞踏家の石原弘恵さんが市役所を訪れました。
 石原さんが率いる「清洲MDA(モダンダンスアカデミー)」チームが、今年8月に東京都内で開催された「第20回東京なかの国際ダンスコンペティション」の創作部門で初優勝を収めました。
 これからは、財産となる作品を作りたいと抱負を語る石原さん。今後の活躍も期待しています。

9月28日(金曜日) ボランティア団体ひまわり 受賞報告 

 本日は、清須市社会福祉協議会にボランティア団体として登録されている「ひまわり」の皆さんが、ボランティア活動功労者表彰の受賞報告に市役所を訪れました。
 「ひまわり」の皆さんは、特別養護老人ホームでの喫茶及びランチ等の運営補助をされており、この度、公共福祉の向上における顕著な事績を収めたことにより、愛知県知事から表彰を受けました。
 今後も、一人ひとりが安心して暮らせる福祉のまちづくりのため、ご尽力いただきますようお願いいたします。

9月26日(水曜日) Cool-X 表敬訪問

 本日は、午後1時から、名古屋のボーイズグループ「Cool-X」(クールエックス)が市役所を訪れました。
 「Cool-X」は、ボーカル3名とパフォーマー2名で構成されており、名古屋大須にあるライブハウスを拠点として、各イベントへの出演やライブを精力的に行っています。
 10月7日に開催される「信長まつり」での出演も決まっており、今後のご活躍を期待しています。

9月25日(火曜日) 「新清洲駅北土地区画整理事業」安全祈願祭

 本日は、午前10時30分から、「新清洲駅北土地区画整理事業」の安全祈願祭が行われました。
 この土地区画整理事業は、清須市が施行者となるものであり、仮換地指定や移転補償など、権利者の皆さまのご理解とご協力により、工事安全祈願祭を迎えることになりました。
 永田市長は「当地区が含まれる、名鉄名古屋本線新清洲駅付近鉄道高架事業についても、事業主体である国及び愛知県と連携し、着実に進めていきます。」と挨拶を述べました。

9月23日(日曜日) 「愛知県民俗芸能大会(清須市大会)」

 本日は、午後1時から、清洲市民センターで「愛知県民俗芸能大会(清須市大会)」が行われました。
 この大会は、愛知県内に伝承されている民俗芸能を公開し、無形民俗文化財等の保存及び伝承を図ることを目的に、毎年、各地で開催されています。本日は、県内各地から6団体が出演され、各地域の特色ある民俗芸能が披露されました。
 永田市長は「地域の伝統や文化を継承することは、保存団体の皆さんのご尽力あってのことであり、心より感謝申し上げます。」と挨拶を述べました。

9月21日(金曜日) 「清洲駅前土地区画整理事業」起工式

 本日は、午前10時から、「清洲駅前土地区画整理事業」の起工式が行われました。
 永田市長は「本市としても、この地域に多くの方が定着し、皆さまが便利で快適に暮らせるまちづくりを推進します。また、事業の早期完了に向けて全力で取り組んでいきます。」と挨拶を述べました。

9月15日(日曜日) 「第14回清須市敬老会」

 本日は、午前9時30分から、春日公民館で「第14回清須市敬老会」が行われました。
 本日の敬老会の対象年齢となる75歳以上の方は、市内で8,149名であり、昨年より308名増加となりました。また、100歳以上のご長寿の方は20名になりました。この会では、結婚50年の金婚を迎えられたご夫婦も招待しており、37組のご夫婦が参加されました。
 永田市長は「これまで培った豊かな経験と知識で、これからも末永くご指導ください。」と挨拶を述べました。

9月11日(火曜日) 「東海豪雨を語り継ぐ集い」

 本日は、午前6時から、新川堤防前にある名古屋市西区のあし原公園で「東海豪雨を語り継ぐ集い」が行われました。
 これは、名古屋市や清須市の被災者らでつくる「東海豪雨を語り継ぐ会」が毎年開催しているもので、東海豪雨から18年となった本日、被災者ら約40人が西日本豪雨や台風21号などの犠牲者を追悼し、東海豪雨の水害を風化させないよう決意を新たにしました。
 また、水害を記録する石碑の前で、東海豪雨の発生日『9・11』の文字を並べた竹灯籠に火を付け、黙とうを捧げました。

9月9日(日曜日) 「平成30年度 清須市文化協会カラオケ発表会」

 午後1時30分からは、カルチバ新川で「平成30年度 清須市文化協会カラオケ大会」が行われました。
 清須市文化協会には、13団体のカラオケクラブや同好会があり、約220名の方が活動をされています。
 永田市長は「皆さまにおかれましては、市文化振興のリーダーとして、多様化する余暇活動の充実に向け、ますますご活躍いただきたい。」と挨拶を述べました。

9月9日(日曜日) 「第114回 土田敬老会」

 本日は、午前9時30分から、光専寺で「第114回 土田敬老会」が行われました。
 永田市長は「元気で高齢期を迎えられることは、大変素晴らしいことであり心強く感じます。これからも末永くご指導いただきますようお願いします。」と挨拶を述べました。

9月8日(土曜日) みずとぴぁ観月(かんげつ)の夕べ

 本日は、午後6時から、みずとぴぁ庄内で「みずとぴぁ観月の夕べ」が行われました。
 このイベントは、市民団体である「みずとぴぁ観月の夕べ実行委員会」が主催し、庄内川にまつわる歴史や文化を後世に伝えることで、川への愛着を高め、保全していく意識を高揚するとともに、活気ある河川敷の創出に結び付けていくものです。
 永田市長は「市としましても、構成団体の皆さまと協力して、庄内川を利活用する賑わい事業を推進してまいります。」と挨拶を述べました。

9月2日(日曜日) 河川環境美化活動

 本日は、午前8時から、市内を流れる新川、庄内川及び五条川周辺の「河川環境美化活動」が行われました。
 清須市では、毎年5月30日の「ごみゼロの日」の前の日曜日と9月第一日曜日を「河川環境美化デー」として、市内一斉清掃を実施しています。
 早朝から気温が高くなりましたが、市民、事業所、中学生及び高校生の皆さんを始め市職員など、大勢の方が参加しました。
 永田市長は、美化活動をされる市民の皆さんを激励して回りました。ご参加、ご協力いただきました皆さま、大変お疲れさまでした。

お問い合わせ

企画部 人事秘書課
清須市役所北館3階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る