このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年10月の活動記録

更新日:2018年10月31日

永田市長の平成30年10月の公務活動について、写真とともにご紹介します。

10月28日(日曜日) 愛知県神社庁西春日井支部神社関係者大会

 本日は、午前9時30分から、春日公民館で「愛知県神社庁西春日井支部神社関係者大会」が行われました。
 古くから神社は、自然の恵みに対する感謝の気持ちを表し、人生の節目に健康や平安を祈り、地域に根ざした心のよりどころとして親しまれています。
 永田市長は「さまざまな役割を持つ神社を地域の人々で守り、継承し、日本のよき伝統文化として次世代に残していただきたいと思います。」と挨拶を述べました。

10月28日(日曜日) 清須市民親善ソフトボール大会

 本日は、午前8時から、西枇杷島ソフトボール場で「清須市民親善ソフトボール大会」が行われました。
 第12回目を迎えるこの大会は、多くの地区の中から9チームが参加。中学生から55歳以上までの、幅広い年代の男女の方が参加しました。
 永田市長は「チーム内外を問わず、より多くの方と親睦を深め、地域の活性化に繋げていただくことを期待します。」と挨拶を述べました。

10月27日(土曜日) 「豊田合成トレフェルサ」ホームゲーム開幕セレモニー

 本日は、正午から、パークアリーナ小牧で「豊田合成トレフェルサ」のホームゲーム開幕セレモニーが行われ、豊田合成株式会社の宮崎社長、TGSPORTS株式会社の横井社長、小牧市の山下市長、稲沢市の加藤市長、永田市長が参加しました。
 永田市長は「昨年、一昨年は、リーグ制覇にあと一歩でしたので、今シーズンはリーグ制覇へ向けて頑張ってください。」と激励しました。
 開幕戦は、FC東京と行われ、セットカウント3-0で見事勝利を収めました。

10月26日(金曜日) 「災害時における無人航空機の運用に関する協定締結式」

 本日は、午前10時から、市役所で「災害時等における無人航空機の運用に関する協定締結式」が行われました。
 これは、株式会社エアロテックの無人航空機(ドローン)を活用し、発災時に的確に現場の情報を収集することやその後の災害対応を迅速かつ適切に行うことを目的とするものです。
 永田市長は「平成30年7月豪雨では、国土交通省のドローン飛行部隊が、また、北海道胆振東部地震では、自衛隊のドローンが投入されており、ドローンの活用はこれからの災害対応に欠かせないツールです。」と挨拶を述べました。

10月24日(水曜日) 渡邉寛人さん・水谷仁哉さん 表敬訪問

 午後4時45分からは、渡邉寛人(ひろと)さんと水谷仁哉(まさや)さんが市役所を訪れました。
 お二人は、10月13日(土曜日)から15日(月曜日)まで福井県で開催された「第18回全国障害者スポーツ大会 福井しあわせ元気大会2018」のフライングディスクで出場され、渡邉さんは、アキュラシー部門で第3位となり、銅メダルを獲得しました。
 アキュラシーとは、定められたゴールに10枚中何枚入るかを競う競技で、渡邉さんは、7枚決めることができました。
 永田市長は「全国大会に出場することは、非常に良い経験なので、また練習に励んで来年も出場できるよう頑張ってください。」と激励しました。

10月24日(水曜日) 豊田合成トレフェルサ 表敬訪問

 本日は、午後1時30分から、「豊田合成トレフェルサ」バレーボールチームの山近選手(写真左上)、内山選手(写真左下)、神谷選手(写真中央)、山田選手(写真右上)が市役所を訪れました。
 この日は、「豊田合成トレフェルサ シーズン開幕応援デー」として、市役所北館1階及び南館1階の職員約100人が、トレフェルサTシャツを一日着用して業務を行いました。
 選手の皆さんは、市役所の各フロアを回り、チームチラシを配りながら、「男子バレーは女子バレーと違い、サーブやスパイクの音に迫力があるので、ぜひ会場に見に来てください。」とPRしました。
 

10月23日(火曜日) TG SPORTS株式会社 表敬訪問

 豊田合成株式会社(本社:清須市)は、一般社団法人日本バレーボールリーグ機構が掲げる新Vリーグ構想に賛同し、10月に開幕する新「V.LEAGUE」に向けて、男子バレーボール部豊田合成「トレフェルサ」のスポーツマネジメント事業を主とする新会社「TG SPORTS株式会社」を9月に設立しました。
 本日は、午後1時から、10月27日(土曜日)に開幕する「V.LEAGUE」のPRも兼ねて、TG SPORTS株式会社の横井社長と豊田合成トレフェルサのアンデッシュ・クリスティアンソン シニアヘッドコーチが市役所を訪れました。
 清須市は、今年の5月30日付けで豊田合成トレフェルサの活動支援を表明しています。今シーズンの活躍を期待しています。

10月21日(日曜日) 「りばーぴぁ土岐川・庄内川&朝市2018」

 本日は、午前9時30分から、みずとぴぁ庄内で「りばーぴぁ土岐川・庄内川&朝市2018」が行われました。
 このイベントは、市民団体である「りばーぴぁ土岐川・庄内川実行委員会」の主催によるもので、土岐川・庄内川にまつわる歴史、文化を後世に伝えることで、川への愛着を高め、保全していく意識を高揚するとともに、活気ある河川敷の創出に結び付けていくものです。
 永田市長は「庄内川水防センターを拠点として、さまざまな構成団体の皆さまと協力して、賑わい事業を進めてまいります。」と挨拶を述べました。

10月20日(土曜日) 「清洲城30周年感謝DAY」

 本日は、午前10時から、清洲城で「清洲城30周年感謝DAY」が行われました。
 今年で、清洲城再建から30年目をむかえ、記念して多数のイベントが清洲城で催されました。「清洲城にぎわいストリート秋」として、ご当地グルメが楽しめるキッチンカー。清洲城黒木書院及び庭園で行われた「清洲城秋の大茶会」。また、一日限定で清洲城天主閣の入場が無料になりました。
 小学生による清洲城を描く児童写生大会も行われ、多くの来場者で賑わう一日となりました。

10月17日(水曜日) 寄附目録贈呈式

 本日は、午前10時から、市役所で寄附目録贈呈式が行われ、株式会社十六銀行清洲支店長及び松本工業株式会社の松本会長、松本取締役が市役所を訪れました。
 株式会社十六銀行の商品で、私募積発行企業から受け取る手数料の一部を、企業が指定する学校や自治体へ寄附を行うものです。いただきました寄附金は、本市が取り組む都市計画事業のため大切に使わせていただきます。

10月16日(火曜日) 内藤正友さん 表敬訪問

 本日は、午後1時30分から、「第11回全国障がい者スポーツ吹矢大会」で優勝された内藤正友さんが市役所を訪れました。
 この大会は、9月14日(金曜日)に東京都で開催され、昨年に引き続き、見事に優勝し連覇を果たされました。スポーツ吹矢は、1ラウンド(3分間)で5本の矢を吹き、既定のラウンドの合計点を競う競技です。来年も、3連覇を目指して頑張ってください。

10月14日(日曜日) 市民体育祭

 本日は、午前8時30分から清洲中学校運動場、午前9時から新川中学校運動場で、各地区の市民体育祭が行われました。
 この体育祭は、市政推進委員及び体育委員をはじめ、多くの団体の皆さまのご協力により開催されています。
 永田市長は「今後もスポーツレクリエーションの普及と振興を推進し、地域社会の活性化を目指していきます。」と挨拶を述べました。

10月13日(土曜日) 障害者応援チャリティ音楽祭

 午前11時30分からは、清洲城多目的広場で、障害者応援チャリティ音楽祭が行われました。
 この音楽祭は、さまざまなジャンルの音楽を通じて、参加者と来場者の心を繋ぎ、障がいのある方の支援などに役立てるチャリティ音楽祭です。また、音楽祭で集まった募金は、清須市社会福祉協議会へ寄附されます。
 永田市長は「多彩なジャンルの音楽と秋の清洲城をお楽しみください。」と挨拶を述べました。

10月13日(土曜日) 「第11回杜の記念祭」

 本日は、午前10時30分から、尾張中部福祉の杜で「第11回杜の記念祭」が行われました。
 当日は雨が心配されていましたが、お祭り日和になりました。ステージでは鴨田小学校の鼓笛・バトン部の演奏から始まり、さまざまな企画で来場者を盛り上げていました。

10月9日(火曜日) 介助犬レビン 表敬訪問

 本日は、午後3時から、介助犬レビンと麻生さんご夫妻が市役所を訪れました。
 日本では、約15,000人の方が介助犬を必要としています。しかし、認定を受けた介助犬の数はわずか67頭という現実です。
 社団法人日本介助犬協会では、会員の募集や寄附、募金などを通じて、活動・運営を行っています。
 介助犬の育成・普及が強く求められている今、皆さまも介助犬の育成等にご協力ください。詳しくは、日本介助犬協会のホームページをご覧ください。

10月7日(日曜日) 落宮ブロック自主防災訓練

本日は、午前9時40分から、落合出荷場で落宮ブロック自主防災訓練が行われました。
 自主防災訓練とは、自分の身を自分の努力によって守る(自助)とともに、普段から顔を合わせている地域や近隣の人々が集まって、互いに協力し合いながら、防災活動に組織的に取り組むこと(共助)が必要であるとして実施されるものであります。
 永田市長は、「防災活動は、行政のみによって実行できるものではなく、市民の皆さん一人ひとりが自らを守り、共に助け合うことがとても重要です。」と挨拶を述べました。

10月7日(日曜日) 「清洲城信長まつり」

 本日は、午前9時から、清洲城一帯で「清洲城信長まつり」が行われました。
 この日は、火縄銃演武や時代行列、商工会主催の「清須産業まつり」も同時に開催され、多くの人で賑わいました。また、今年は、清洲城が再建されてから30年目の節目にあたります。10月20日(土曜日)には、「清洲城30周年感謝DAY」として、清洲城の無料開放や庭園でのお茶会、キッチンカーの出店など、多くのイベントが予定されています。この機会にぜひお越しください。
 

10月1日(月曜日) アイカ工業株式会社「新技術棟開所式」

 本日は、午前10時30分から、アイカ工業株式会社で「新技術棟開所式」が行われました。
 アイカ工業株式会社は、メラミン化粧版を主要製品とする、建装材や化成品、住器建材のトップメーカーとして、アジアを中心に世界にも進出されています。本市とのお付き合いは大変長く、戦前の昭和19年まで遡ります。今年の1月には本社機能を本市から名古屋市へ移転し、旧本社棟を新たな商品開発のための技術拠点として、「新技術棟」として改装されました。

お問い合わせ

企画部 人事秘書課
清須市役所北館3階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る