このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

出産育児一時金の支給

更新日:2014年2月1日

 国民健康保険の被保険者が出産した場合、世帯主に出産育児一時金を支給いたします。
 支給金額 420,000円
 (産科医療保障制度に加入している分娩機関で出産かつ、当該出産が産科医療保障制度の対象分娩として出産した場合)
※産科医療保障制度とは
 産科医療保障制度は、分娩に関連して発症した重度脳性麻痺時に対する補償の機能と脳性麻痺の原因分析・再発防止の機能とを併せ持つ制度として創設されました。
 産科医療保障制度に加入している分娩機関から、妊産婦の方に、この制度の対象者となることを示す産科医療保障制度登録証が交付されます。(原則 妊娠22週までに交付)

平成21年10月1日から直接支払い制度が導入されました

 被保険者等との間に、支給申請及び代理契約を締結の上、出産育児一時金の金額を限度として、医療機関等が被保険者等に代わって支給申請及び受取を直接保険者と行うことにより、被保険者等の経済的負担の軽減が図られました。

事業のながれ

直接支払い制度の図

対象者

(1)産科医療保障制度に加入していない分娩機関で出産した場合は、404,000円(制度加入していた分娩機関で産科医療保障制度登録証を交付したが、制度加入していない別の分娩機関で出産した場合も同様)
(2)妊娠12週以上の死産・流産の場合は、診断書を提出していただければ支給の対象となります。
 ただし、妊娠22週未満の場合は404,000円となります。
(3)妊娠22週未満で出産した場合、産科医療保障制度に加入している分娩機関で出産した場合でも404,000円となります。
※現在、健康保険組合に加入の方、又は、出産日から遡って半年以内に出産者が健康保険組合の被保険者(被扶養者は除く)として1年以上加入していた場合は、給付の対象になりません。健康保険組合等にご確認ください。

申請に必要なもの

国民健康保険証、預金通帳、印鑑(認印)、産科医療保障制度への加入が分かるもの(領収書等)、直接支払制度の同意文書、海外出産の方のみ出産したことが分かるもの(領収書、明細書等)

お問い合わせ

市民環境部 保険年金課
清須市役所北館1階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る