このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

療養の給付

更新日:2014年2月1日

  • 診察
  • 治療
  • 薬や注射などの処置
  • 入院及び看護(入院中の食事代等
  • 在宅療養(かかりつけ医の訪問診療)及び看護
  • 訪問看護(医師が必要と認めた場合)

医療費の自己負担割合

国民健康保険の自己負担割合は年齢区分により、下記のとおりとなります。
義務教育就学前 義務教育就学後
70歳未満
70歳以上(注記1)75歳未満
2割 3割 2割(注記2)
現役並み所得者は3割

 残りは国保が負担します。ただし、入院中の差額ベッド代などは保険給付の対象となりませんので、全額自己負担となります。
 訪問看護や、国保をとりあつかっている柔道整復師の施術も、保険証を提示すれば、一部負担で受けることができます。
注記1:70歳の誕生日の翌月(1日生まれの方は当月)から
注記2:生年月日が昭和19年4月1日以前の方は1割となります。

保険給付できないもの・制限されているもの

 次の場合は、保険証を持っていても保険診療でみてもらえなかったり、給付が制限されることがあります。この場合は、原則として費用は全額自己負担となります。
保険給付できないもの
  • 正常な妊娠・出産
  • 経済的理由による中絶
  • 健康診断・集団検診・予防接種
  • 歯列矯正
  • 美容整形
  • 日常生活に支障のないわきが・しみなどの治療
  • 自傷行為
他の保険の給付が受けられるもの
  • 仕事上のケガ(労災保険の適用)
  • 社会保険等の資格を取得していた時
制限されるもの
  • 犯罪を犯したとき・故意による病気やケガ
  • 医師や保険者の指示に従わなかったとき
  • 他保喪失し、国保取得に14日以上経過したとき

柔道施術師の施術を受けるときの注意事項

 整骨院などで柔道整復師の施術を受けたとき、保険適用となる条件を満たしていれば、療養費が支給されます。療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後に、保険者に申請を行って支給を受けるものですが、多くの整骨院などでは、療養費の受領を世帯主の方から柔道整復師に委任することによって、一部負担金額のみを支払って施術を受けることができます。

健康保険が使えるもの

 外傷性(ケガ)の骨折、脱臼、打撲及び捻挫に対する施術
 ※骨折や脱臼については医師の同意が必要です。(応急手当の場合は、手当後に医師の同意が必要です。)

健康保険が使えないもの

 次のような施術は保険の対象とならないため、施術費用全額が自己負担となります。

  • 日常生活における単なる疲労や肩こり、腰痛
  • スポーツなどによる肉体改善のためのマッサージや温・冷あん法治療
  • 単なる加齢による痛み
  • 内科的原因による疾患からくる痛みやしびれ
  • 柔道整復の治療を完了して単にマッサージのみを継続する施術

施術を受けるときの注意事項

 柔道整復師の施術を受けるときには、次のことに注意してください。

  • 原因を正しく伝える
    仕事中のケガで労働災害に該当する場合は、国保からの保険給付は行われません。
    交通事故による場合は、そのことを国保に届け出てください。
  • 同一のケガについて、同時期に柔道整復師の施術と医療機関での治療を重複して受けない。
  • 領収書をもらって内容を確認する。
    平成22年9月1日以降の施術から、領収書(保険分合計額、一部負担金額、保険外の金額の内訳がわかるもの)の無償交付が義務化されています。
    また、柔道整復師の施術を受けて国保の保険適用となった場合、後日医療機関や柔道整復師などから保険請求があったものをお知らせする 「医療費通知」を送付しますので、柔道整復師の施術分の領収書とあわせて、金額や日数を確認してください。
  • 「療養費支給申請書」の内容を確認する。
    柔道整復師の施術を受けて保険の適用を受けるためには、施術を行った月ごとに施術内容を記載した「療養支給申請書」を提出する必要があります。 この申請で、療養費の受領を世帯主の方から柔道整復師に委任することによって、一部負担金額のみを支払って施術を受けることができるとともに、 保険適用分の費用額が国保から柔道整復師に支払われます。
  • 「療養費支給申請書」には自分で署名する。
    申請書に記載されているケガの原因やケガの種類、施術日、施術内容、費用や自己負担額を確認して、自署(サイン)をしてください。 (ご自分で記入できない場合は、柔道整復師が代理で記入したものに押印してください。)

お問い合わせ

市民環境部 保険年金課
清須市役所北館1階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る