このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

後期高齢者医療制度の給付

更新日:2017年8月3日

後期高齢者医療制度の給付

窓口で支払う一部負担金

現役並み所得者の方 3割 (※1)
 後期高齢者医療を受ける方のうち、一人でも一定の所得(市民税の課税所得が145万円)以上の方が同一世帯にいる方
☆ただし、世帯の後期高齢者医療を受ける方の収入の合計額が以下の基準額に満たない場合には、申請されますと、負担割合が1割に変更されます。
(1)世帯に本人以外の後期高齢者医療の被保険者の方がいる場合 :520万円
(2)世帯に本人以外の後期高齢者医療の被保険者の方がいない場合: 次のいずれかの額  
 ア 被保険者本人の収入額  :383万円  
 イ 世帯の70歳から74歳の方(後期高齢者医療の被保険者の方を除く。)を含めた収入額:520万円
一般の方 1割 (※2) 
 現役並み所得者の方、低所得1・2のいずれにもあてはまらない方
低所得2の方 1割 (※3)
 同一世帯の世帯主及び世帯員全員が住民税非課税の方
低所得1の方 1割 (※4)
 同一世帯の世帯主及び世帯員全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算) を差し引いたときに0円となる方

窓口負担が高額のときは -高額療養費-

 一ヶ月の窓口での支払いは原則、下記の金額までとなり、限度額を超え差額をお返しできる方には、広域連合からお知らせ又は振込みがあります。(数ヶ月かかります。)

所得区分:現役並み所得者(課税所得145万円以上等) ※1
 負担割合:3割 自己負担限度額(月額)

  外来のみ(個人ごと):57,600円

  入院(+外来)(世帯ごと):80,100円+医療費が267,000円を超えたときは、その超えた分の1%を加算(4回目以降は44,400円)

  入院したときの食事代:1食360円(※5)(※6)
所得区分:一般 ※2
 負担割合:1割 自己負担限度額(月額)

  外来のみ(個人ごと):14,000円 個人の限度額(外来のみ)は、年間(平成29年8月から平成30年7月まで)144,000円を上限とします。

  入院(+外来)(世帯ごと):57,600円

  入院したときの食事代:1食360円(※5)(※6)
所得区分:住民税非課税世帯の方 低所得2 ※3
 負担割合:1割 自己負担限度額(月額)

  外来のみ(個人ごと):8,000円

  入院(+外来)(世帯ごと):24,600円

  入院したときの食事代:90日までの入院1食210円・過去12か月で90日を超える入院1食160円(直近の12カ月間で、区分2の判定を受けている機関の入院日数。愛知県後期高齢者医療加入前の入院も含む。) 
所得区分:住民税非課税世帯の方 低所得1 ※4

 負担割合:1割 自己負担限度額(月額)

  外来のみ(個人ごと):8,000円

  入院(+外来)(世帯ごと):15,000円

  入院したときの食事代:1食100円

★住民税非課税世帯の方が、減額を受ける場合は「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要です。保険年金課(北館1階)で申請をして、交付を受けてください。

※5 H30.4.1からは460円。また、H27.4.1以降、継続して精神病床に入院している場合は1食260円
※6 指定難病患者の方(所得区分低所得1・2に該当しない方) 1食260円

 75歳になられたことにより資格を取得された方(毎月1日生まれの方を除く。)は、75歳の誕生月の自己負担限度額が上記の半額になります。

腎臓疾患の方へ

下記の病気の治療は、費用が高額で長期にわたるため、高額療養費の支給に特例が設けられています。

 ・先天性血液凝固因子障害の一部

 ・人工透析が必要な慢性腎不全

 ・血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

 該当する方には、申請により「特定疾病療養受療証」が交付されますので、この受療証を医療機関等の窓口で提示してください。毎月の自己負担額が1つの医療機関等につき10,000円(75歳になったことにより後期高齢者医療制度に加入された方(毎月1日生まれの方を除く。)の加入月は5,000円)に軽減されます。

交通事故にあったとき 

 交通事故など第三者の行為によってけがや病気をした場合でも、届け出により後期高齢者医療を受けることができます。この場合、後期高齢者医療が医療費を立て替え、あとで加害者に費用を請求することになります。
 ただし、加害者から治療費を受け取ったり示談を済ませたりすると後期高齢者医療が使えなくなることがありますので、示談の前に必ずご相談ください。

お問い合わせ

市民環境部 保険年金課
清須市役所北館1階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

サブナビゲーションここから

後期高齢者医療制度

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る