このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

清須市男女共同参画プラン(案)に関するパブリックコメント実施結果

更新日:2014年2月1日

1.実施期間 : 平成21年2月2日から3月3日まで

2.提出通数 : 3通

  • 提出方法 窓口提出3通
  • 地区別 西枇杷島地区1通、新川地区2通

3.意見総数 : 5件

4.意見の内訳

  1. プランの数値目標並びに女性の登用率について・・・・( 1件)
  2. 市のこれまでの活動について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( 1件)
  3. プランのネーミングについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( 1件)
  4. 学習、教育の機会について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( 1件)
  5. アンケートの集計について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( 1件)
1 プランの数値目標並びに女性の登用率について(1件)
意見 意見に対する市の対応
 清須市男女共同参画プラン案を拝見し、このような社会をめざすこと、とても立派だと感じました。
 男性中心の社会である現在、もっと男性に呼びかけを行政から積極的にすべきで、意識改革は難しいと思われますが、少しずつこの社会に向けて前進すべきではないでしょうか。
 この社会を実現するためには、エンパワーメントの促進が大事で具体的には審議会等への女性の登用率を30%と低い目標にするのではなく、せめて50%とすべきではないでしょうか。
 プランの数値目標はどこを基準に設定するのでしょう。国か県か市独自なのか、目標なので低い数値に設定するのだけは避けてほしいと願っています。
 国は、あらゆる分野において少なくとも女性の占める比率を30%程度にするという目標を示しています。また、県では審議会等に占める女性委員の比率を平成22年度末までに35%にすることを目標として掲げています。
 一方、本市における審議会等への女性登用率は、平成20年4月1日現在で27.9%,行政委員会への女性登用率は10.8%、議会における女性比率は16.7%です。これらの数値は県内の市町村の中では高い数値となっていますが、国や県の目標には届いておりません。今後も、市としては、女性の登用率を上げていく必要があると考えています。
2 市のこれまでの活動について(1件)
意見 意見に対する市の対応
 国や県がこれまで大変な動きをしている中、我が清須市はどうしていたのか。このプランの中では見えていません。どんな動きをしていたのでしょうか。男女共同参画社会を住民に広める努力はされたのでしょうか。疑問を感じています。
 プランの策定はとても立派ですが、施策としてどこまでやっていかれるのでしょうか。市、行政などの舵取りがこの社会を作る鍵ではないでしょうか。
 社会や経済が大きく変動する今こそ、男女共同参画に取り組み、職場、家庭、地域において男女がそれぞれの個性と能力を十分に生かし、多様性に富んだ活力のある社会の実現に取り組んでいかねばなりません。
 本市もプランの作成ができ、ようやくスタートにたったところです。今後は、市民や各種団体、事業所、行政が協働して男女共同参画社会の実現に向けた具体的な行動をしていくことが大切であると考えています。
3 プランのネーミングについて(1件)
意見 意見に対する市の対応
 男女共同参画というネームはいかにも硬いし、なじめないのでせめて市民がもっと自然にとけこめるネーミングにならないものか。市民公募できめてはどうか。
 施策の進捗状況や検証及び結果の公表についてはより真剣に取り組んでいただきたいと願っている。
 ネーミングについては、市民になじみやすいものを付けている市町村もありますが、そうした市町村は、男女共同参画の考えが市民に浸透し、プランの作成もその改定版であるところが多いようです。
 本市の場合は、ようやくスタートに立ったところです。ネーミングは少し硬いですが、何のプランであるかを市民に対して明確に伝える必要があるので、「清須市男女共同参画プラン」としていきたいと考えています。
 施策の進捗状況や検証及び結果の公表については、今後、具体的な施策を各部署で精査しながら取り組んでいきたいと考えています。
4 学習、教育の機会について(1件)
意見 意見に対する市の対応
 学校教育、子育て支援に関わる先生なり、指導者、保護者自身の意識改革がとても大事だと思います。そうした人たちの学習、教育の機会を多く作ることが必須と考えます。 男女共同参画講演会等研修できる場を増やしたり、参加型の研修になるようにその内容を工夫したりすることで、一人ひとりの意識改革ができるようにしていきたい。
5 アンケートの集計について(1件)
意見 意見に対する市の対応
 アンケートの集計結果の男女の比率を示して欲しい。  アンケートについては、プランの中で男女の比率を示していく必要があれば明記をしていきたい。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育部 生涯学習課
清須市役所南館1階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

サブナビゲーションここから

意見募集結果公表案件

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る