このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

固定資産税・都市計画税

更新日:2020年4月8日

 固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人が、その固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市に納める税金です。

固定資産税を納める人(納税義務者)

 固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者です。具体的には、次のとおりです。

  • 土地・・・土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
  • 家屋・・・建物登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
  • 償却資産・償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

 ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在でその土地、家屋を現に所有している人が納税義務者となります。

固定資産税の対象となる資産

 土地、家屋及び償却資産が固定資産税の対象となります。
 ○償却資産とは、会社や個人で工場や商店などを経営しておられる方が、その事業のために用いることができる機械・器具・備品等をいいます。

課税のあらまし

(1)固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われ、市長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額を算定します。
(2)このようにして決定された価格や課税標準額は、固定資産課税台帳に登録され、その後縦覧又は閲覧に供されます。
(3)課税標準額×税率=税額となります。

○課税標準額は、原則として固定資産課税台帳に登録された価格をいいます。しかし、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合や土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は価格より低く算定されます。
○市内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には固定資産税は課税されません。

  • 土地…30万円
  • 家屋…20万円
  • 償却資産…150万円

○税率は、市の条例で固定資産税100分の1.4(標準税率)、都市計画税100分の0.2に定められています。

土地に関する課税のしくみ

 固定資産評価基準(地方税法)に基づき、地目別に定められた評価方法により評価します。

  • 地目は、宅地、田及び畑(併せて農地)、鉱泉、池沼、山林、牧場、原野及び雑種地をいいます。固定資産税の評価上の地目は、土地登記簿にかかわりなく、その年の1月1日(賦課期日)の現況の地目によります。
  • 地積は、原則として土地登記簿に登記されている地積によります。
  • 価格(評価額)は、固定資産評価基準に基づき、売買実例価額をもとに算定した正常売買価格を基礎として求めます

家屋に関する評価のしくみ

 固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。

○新築家屋の評価額=再建築価格×経年減点補正率

  • 再建築価格とは、評価の対象となった家屋と同一のものを評価の時点において、その場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費。
  • 経年減点補正率とは、家屋の建築後の年数の経過によって生ずる損耗の状況による減価等をあらわしたもの

○新築住宅に対する軽減措置は、新築された一定要件を満たす住宅について、新築後一定期間の固定資産税額が2分の1に減額される場合もあります。

償却資産に対する課税

 固定資産評価基準に基づき、取得価格を基礎として、取得後の経過年数に応ずる価値の減少(減価)を考慮して評価します。

耐震改修工事を行った住宅の固定資産税の減額について

 昭和57年1月1日以前から所在する住宅について、平成25年1月1日から令和4年3月31日までに耐震改修工事を行い、一定の基準に適合することが証明された場合、その住宅に係る翌年度分の固定資産税の税額(120平方メートル相当分)が2分の1減額されます。なお、平成29年4月1日から令和4年3月31日までの間に、長期優良住宅の認定を受けて改修した住宅については、その住宅に係る翌年度分の固定資産税の税額(120平方メートル相当分)が3分の2減額されます。

○減額を受ける要件
 ・上記のほか、補助金等を除く自己負担が50万円超の工事

○申請方法について
 改修工事後3か月以内に、固定資産税減額申告書に住宅耐震改修証明書(市の耐震改修費補助を受けている場合には、総務部防災行政課(北館3階)にて発行)もしくは建築士、登録住宅性能評価機関、指定確認検査機関等が発行した証明書及び改修工事に係る領収書の写し、長期優良住宅の認定を受けて改修した場合はその旨を証明する書類の写しなどの関係書類を添付して総務部税務課(北館2階)へ提出してください。

○住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額申告書は、固定資産税の減額申請書関係からダウンロードできます。
○その他
 ・都市計画税の減額はありません。
 ・新築住宅の減額やバリアフリー改修工事、省エネ改修工事による減額との同時適用はありません。
 ・この制度による減額は1戸につき1度となります。
 ・改修工事後3ヵ月以上経過してから申請する場合は、理由書が必要となります。

住宅のバリアフリー改修工事に伴う固定資産税の減額について

 新築された日から10年以上を経過した住宅について、平成28年4月1日から令和4年3月31日までの間に、対象となるバリアフリー改修工事を行った場合、その住宅に係る翌年度分の固定資産税の税額(100平方メートル相当分)が3分の1減額されます。

○減額を受ける要件(上記以外)
 ・バリアフリー改修を行った住宅に、改修後の翌年の1月1日現在に65歳以上の方、要介護認定又は要支援認定を受けている方、障害者の方のいずれかが居住していること。
 ・新築後10年以上経過した住宅(賃貸住宅を除く。)で改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下の住宅
 ・補助金等を除く自己負担が50万円超の工事

○対象となるバリアフリー改修工事
 廊下出入口の拡幅、階段の勾配緩和、浴室の改良、トイレの改良、手すりの設置、床の段差解消、引き戸への取替え、床の滑り止め化

○申請方法について
 改修工事後3か月以内に、固定資産税減額申告書に改修工事の図面、改修工事前後の写真、工事明細書(改修工事の内容及び費用の確認をできるもの(建築士又は登録住宅性能評価機関等による証明でも可))及び改修工事に係る領収書の写し、要介護認定・要支援認定所又は障害者手帳の写し、1月1日以降に清須市に転入された方は居住者の住民票、清須市老人住宅改善費補助金及び介護保険給付決定を受けた場合は、交付決定(確定)通知書の写しなどの関係書類を添付して総務部税務課(北館2階)へ提出してください。
なお、工事内容等を書類で確認するとともに、必要に応じて現地確認を行います。

○高齢者等居住改修住宅に対する固定資産税減額申告書は、固定資産税の減額申請書関係からダウンロードできます。
○その他
 ・都市計画税の減額はありません。
 ・新築住宅の減額や耐震改修工事による減額との併用はできません。
 ・省エネ改修との併用はできます。
 ・この制度による減額は1戸につき1度となります。
 ・改修工事後3ヵ月以上経過してから申請する場合は、理由書が必要となります。

住宅の省エネ(熱損失防止)改修に伴う固定資産税の減額について

 平成20年1月1日以前に建てられた住宅(賃貸住宅を除く)で、平成20年4月1日から令和4年3月31日までの間に、対象となる省エネ改修工事を行い、一定の基準に適合することが証明された場合、その住宅に係る翌年度分の固定資産税の税額(120平方メートル相当分)が3分の1減額されます。なお、平成29年4月1日から令和4年3月31日までの間に、長期優良住宅の認定を受けて改修した住宅については、翌年度分の固定資産税(120平方メートル相当分)が3分の2減額されます。

○減額を受ける要件(上記以外)
 ・改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下の住宅
 ・(必須)窓の改修工事(外気と接するものの工事に限る。)
 ・上記の必須工事と合わせて行う、床の断熱改修工事、天井の断熱改修工事、壁の断熱改修工事(外気と接するものの工事に限る。)
 ・補助金等を除く自己負担額が50万円超の工事

○申請方法について
 改修工事後3か月以内に、固定資産税減額申告書に現行の省エネ基準に適合した住宅であることを証する証明書(建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能機関が発行したもの)、工事明細書及び改修工事に係る領収書の写し、改修工事前後の写真、長期優良住宅の認定を受けて改修した場合はその旨を証明する書類の写しなどの関係書類を添付して総務部税務課(北館2階)へ提出してください。

○住宅の省エネ改修い伴う固定資産税減額申告書は、固定資産税の減額申請関係からダウンロードできます。
○その他
 ・都市計画税の減額はありません。
 ・新築住宅の減額や耐震改修工事による減額との併用はできません。
 ・バリアフリー改修との併用はできます。
 ・この制度による減額は1戸につき1度となります。
 ・改修工事後3ヵ月以上経過してから申請する場合は、理由書が必要となります。

固定資産評価基準の改正について(冷蔵倉庫の所有者の方へ)

 固定資産評価基準の改正により、非木造の「冷凍倉庫用のもの」が「冷蔵倉庫用のもの(保管温度が摂氏10度以下に保たれる倉庫)」に改められ、平成24年度分の固定資産税から適用されます。これにより、これまで「一般の倉庫」と同じ扱いであった非木造の「冷蔵倉庫」は、平成24年度から一般の倉庫に比べ経過年数が短縮されることになり、減価が早く進み評価額が減少する可能性があります。
 つきましては、事前に状況調査が必要ですので、次の要件を満たす冷蔵倉庫用家屋を所有されている方はご連絡ください。

対象家屋の要件

 次のすべてに該当する家屋

  • 木造以外の倉庫用建物であること。
  • 保管温度が摂氏10度以下に保たれる倉庫であること。
    (常温の倉庫にプレハブ方式冷蔵庫や業務用冷蔵庫を設置している場合は対象外です。)
  • 倉庫そのものに冷蔵機能を備えているもの。
  • 建物の中に冷蔵倉庫以外として使用している部分がある場合、冷蔵倉庫部分が床面積の50%以上であるもの。

※すべての要件を満たしている場合でも、建築後一定の年数が経過している倉庫は評価額が変わらない場合があります。

都市計画税の使途

 都市計画税の収入は、そのすべてが都市計画事業や土地区画整理事業に使われます。道路や公園、下水道の整備など、清須市の良好な住環境の維持・発展に役立っています。

お問い合わせ

総務部 税務課
清須市役所北館2階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る