このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!

更新日:2020年6月24日

マスクの着用により、熱中症のリスクが高まります。
暑さを避け、水分を摂るなどの「熱中症予防」と、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。

熱中症を防ぐために、屋外で人と2m以上離れている時は、マスクをはずしましょう。
マスクをしている時の注意点
・激しい運動は避けましょう。
・のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。
・気温、湿度が高いときは、特に注意しましょう。

詳しくは下記のリーフレット等でご確認ください。

また、高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分注意しましょう。

熱中症とは

・高温多湿の環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調整機能がうまく働かないことによって起こる症状の総称です。
・体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感(だるさ)などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
・気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが組み合わさることにより、熱中症の発生が高まります。

熱中症の症状とは

・軽い症状:めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない。
・やや重い症状:頭痛、吐き気、体がだるい、体に力が入らない。
・重い症状:意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対して返事がない、まっすぐ歩けない。⇒すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症を防ぐためには

【外では】日傘・帽子を使用して直射日光を避け、日陰を選んで歩きましょう。運動をするときには、環境条件によって休息のとり方や運動量を調整しましょう。
【室内では】ブラインドやすだれの利用で室内の直射日光を防ぎ、風通しをよくしましょう。扇風機やエアコン(28度を超えないように設定)を上手に使いましょう。寝る時も水枕等を使用し、涼しさを保ちましょう。
【いつでも】涼しい服装を心がけましょう。のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。

熱中症になってしまったら

(1)木陰など涼しい場所に移動させる。
(2)足を高くし、衣服を緩め、楽な体勢にする。
(3)脇の下、首元、足の付け根など大きな血管が通っている部位を冷やす。
(4)水分、塩分を摂取させる。(スポーツドリンクが適しています。)
*意識がないときに水分を摂取させると、肺や気管に入る恐れがあり、危険です。無理に飲ませないようにしましょう。
(5)回復しないようであれば早めに救急車を呼ぶ。

熱中症に関するリンク先

熱中症に危険度を示す暑さ指数(WBGT)など、熱中症に関する情報を見ることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
清須市役所北館2階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る