このページの先頭です

シリーズ5 飲酒運転を絶対にしない・させない

更新日:2020年10月1日

飲酒運転で失うもの

飲酒運転で失うもの
飲酒運転で失うもの(お金、社会的地位、大切な命、家族)

飲酒運転は、その瞬間から車を凶器に変えます。「つい」や「うっかり」は許されません!
師走は、忘年会などで飲酒の機会が増えますので、飲酒をした場合の帰宅方法を事前に決めておくとよいですね。

飲酒運転根絶!ハンドルキーパー運動

ハンドルキーパー運動とは、自動車で仲間と飲食店などに行く場合に、あらかじめお酒を飲まないで仲間を自宅まで送り届ける人を決め、飲酒運転を防ぐ運動のことです。

年末の交通安全県民運動 12月1日(月曜日)から10日(水曜日)まで

重点運動

  • 飲酒運転を根絶しよう
  • 子どもと高齢者を交通事故から守ろう
  • 夕暮れ時と夜間の歩行中、自転車乗用中の交通事故をなくそう
  • 全ての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しよう

お問い合わせ

総務部 総務課

清須市役所北館3階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)

電話番号:052-400-2911(代表)

ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?
2. このページの情報は見つけやすかったですか?
3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?
ページID544062436

交通事故0のまちを目指して