清須市

妊婦・子どもインフルエンザ予防接種費の補助に関するお知らせ

2020年10月5日

 今年の秋冬は、症状が似ている「インフルエンザ」と「新型コロナウイルス」の同時流行が懸念されています。インフルエンザ予防接種は、発病や重症化を防ぐ効果があるといわれています。
 以下の方には、費用補助がありますので、ぜひご利用ください。

 ワクチンの入荷状況等により、医療機関での実施期間が異なる場合があります。直接医療機関へ相談し、ご予約ください。混雑が見込まれますので、予約については、かかりつけ医へご相談ください。
 予約後、体調や都合などにより接種ができなくなった場合は、予約した医療機関へ必ずキャンセルの連絡をしてください。また、受診時はマスクの着用のご協力をお願いします。

妊婦・子どもインフルエンザ予防接種費の補助

対象者

接種当日、清須市に住民票がある以下の希望者
(1)生後6か月から13歳未満
(2)13歳から18歳、母子健康手帳の交付を受けている妊婦
※18歳とは、平成14年4月2日から平成15年4月1日生まれの方

補助対象となる接種期間

令和2年10月26日(月曜日)から令和3年1月31日(日曜日)
※10月1日から25日の間の接種した場合も補助の対象となりますが、ワクチンをより必要とされている高齢者の皆様が接種できるよう、10月26日からの接種にご協力をお願いします。

補助回数・費用

回数:接種当日、生後6か月から13歳未満の方は、当該年度において2回まで。
   接種当日、13歳以上の方は、当該年度において1回まで。
費用:接種1回あたり上限1,000円。
※1回目の接種時に12歳で、2回目の接種時に13歳になっていた場合、12歳として考えて2回目の接種を行って差し支えありません。

市指定医療機関で接種する場合

補助の流れ

1.医療機関に接種の予約します。
2.接種前に「妊婦・子どもインフルエンザ予防接種費助成金交付申請書兼代理受領に関する委任状」、予診票を記入し、医療機関に提出します。
 予診票は医療機関で用意されているものをご使用ください。

3.医師より予防接種の説明を受け、同意の場合は予診票に署名後、接種を受けます。
4.医療機関への支払いは、1回あたり上限1,000円を差し引いた費用です。

持ち物

母子健康手帳・子ども医療費受給者証・健康保険証

市指定医療機関

市指定医療機関については下記にてご確認いただくか、もしくは健康推進課までお問合せください。

市指定医療機関以外で接種する場合

市指定医療機関以外で接種する場合、償還払いで補助します。

償還払いの申請方法

医療機関が請求する予防接種費用を、窓口でお支払いください。
接種後、以下を持参し、健康推進課窓口で手続きを行ってください。
※ご本人以外が窓口の申請に来所される場合、委任状が必要となります。(委任状は窓口配付もしくは下記にてダウンロードできます。)

持ち物

・本人確認できるもの(健康保険証など住所・年齢が確認できるもの)
・被接種者名の記載のあるインフルエンザ予防接種領収書(原本)
・振込先口座の写し(金融機関名・支店名・種別・保護者の口座(通帳)番号・口座名義人が確認できるもの)
・印章(はんこ)
・母子健康手帳

申請窓口

健康推進課
[月曜日から金曜日(祝日を除く) 午前8時30分から午後5時15分]

補助金申請締切日

令和3年3月31日(水曜日)

健康被害に対する救済措置について

 妊婦・子どもインフルエンザ予防接種(季節性インフルエンザワクチン)は、予防接種法に基づかない任意の予防接種です。万一、インフルエンザワクチン接種による健康被害が発生した場合は、予防接種法の被害救済対象になりませんが、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく、副作用救済給付の対象になります。

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
電話:052-400-2911(代表)
ファクシミリ:052-400-2963
住所:清須市役所北館2階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
このページの作成担当にメールを送る