清須市

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金事業

2022年5月1日

新着情報

・「お問合せ先(給付金コールセンター)」の情報を更新しました。

制度概要

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円の給付を行います。


表面


裏面

支給対象

下記の1、2のいずれかを満たす世帯に対して、臨時特別給付金を支給します。
1.住民税非課税世帯
 基準日(令和3年12月10日)において清須市に住民登録があり、世帯全員の住民税均等割が非課税(令和3年度分)である世帯(住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除く)
2.家計急変世帯
 申請時点において清須市に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、世帯全員が住民税非課税相当※となった世帯
 ※住民税非課税相当とは、世帯員全員のそれぞれの年収見込額(令和3年1月以降の任意の1か月収入×12倍)が市町村民税均等割非課税水準以下であることを指します。

(参考)家計急変世帯における非課税相当収入(所得)限度額(2級地)
扶養している親族の状況 収入限度額 所得限度額
単身又は扶養親族がいない場合 965,000円 415,000円
配偶者・扶養親族(1名)を扶養している場合 1,469,000円 919,000円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 1,877,000円 1,234,000円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合 2,327,000円 1,549,000円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合 2,777,000円 1,864,000円
障害者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合 2,043,999円 1,350,000円

※上記の表は国が設定した額に基づいています。清須市の実際の非課税範囲とは異なります。

支給手続きの方法・時期

1‐1.住民税非課税世帯(世帯の全ての方が、令和3年1月1日以前から現住所にお住まいの場合)


 令和4年2月7日付で、清須市から給付対象となる可能性がある世帯へ氏名等を印字した確認書等を送付しています。
 お手元に届いた書類の内容を確認していただき、下記の提出書類を確認書の送付日から3か月以内に返送してください。

【提出書類】
(1)確認書
 ※確認書に記載されている支給口座が空欄又は変更を希望する場合は下記の書類も必要となります。
(2)振込先金融機関口座確認書類の写し
(3)本人確認書類の写し(本人確認書類の例:マイナンバーカード(表面)、運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、介護保険証等)
 ※世帯主以外の方(代理人)の口座に振り込みを希望する場合等は、世帯主及び代理人の本人確認書類の写しが必要となります。

1‐2.住民税非課税世帯(世帯の中に、令和3年1月2日以降に転入した方がいる場合)

  • 給付金を受け取るには、令和4年9月30日までに申請が必要です。
  • 給付対象と見込まれる世帯の方は、「清須市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター(052‐325‐3633)」までお問い合わせください。申請書一式を郵送します。
  • 申請書に必要事項を記入し、下記の提出書類を提出してください。

【提出書類】
(1)申請書
(2)振込先金融機関口座確認書類の写し
(3)本人確認書類の写し(本人確認書類の例:マイナンバーカード(表面)、運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、介護保険証等)
 ※世帯主以外の方(代理人)の口座に振り込みを希望する場合等は、世帯主及び代理人の本人確認書類の写しが必要となります。
(4)令和3年度住民税非課税証明書の写し(現住所と令和3年1月1日時点の住所が異なる方全員分)

2.家計急変世帯

  • 給付金を受け取るには、令和4年9月30日までに申請が必要です。
  • 給付対象と見込まれる世帯の方は、「清須市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター(052‐325-3633)」までお問い合わせください。申請書一式を郵送します。
  • 申請書に必要事項を記入し、下記の提出書類を提出してください。

【提出書類】
(1)申請書
(2)振込先金融機関口座確認書類の写し
(3)本人確認書類の写し(本人確認書類の例:マイナンバーカード(表面)、運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、介護保険証等)
 ※世帯主以外の方(代理人)の口座に振り込みを希望する場合等は、世帯主及び代理人の本人確認書類の写しが必要となります。
(4)簡易な収入(所得)見込み額の申立書
(5)「令和3年中の収入の見込み額」又は「任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類の写し
(6)世帯の状況を確認できる書類の写し(例:世帯全員の住民票の写し等)
(7)戸籍の附表の写し(令和3年1月1日から申請日までの間に複数回転居した方)

配偶者からの暴力(DV)を理由に清須市から避難されている方

 配偶者からの暴力等を理由に避難している方で、現在のお住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、一定の要件を満たし、所定の手続きをすることで、避難先の市区町村から給付金を受け取ることができます。

お問合せ先(給付金コールセンター)

清須市コールセンター(申請等についてのお問合せ)

 電話番号 052-325-3633
 受付時間 平日 午前9時から午後5時まで

内閣府コールセンター(制度についてのお問合せ)

 電話番号 0120-526-145
 受付時間 平日 午前9時から午後8時まで

その他(注意事項等)

 本給付金を装った詐欺には十分ご注意ください。
 清須市や愛知県、内閣府の職員等がATMの操作をお願いしたり、給付のために手数料の振り込みを求めたりすることはありません。
 不審な電話等がございましたら、消費生活センターや最寄りの警察署等にご相談ください。

お問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課 給付金担当
電話:052-400-2911(代表)
ファクシミリ:052-400-2963
住所:清須市役所南館1階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
このページの作成担当にメールを送る