このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

第6回電子モニターアンケート結果

更新日:2014年2月1日

アンケート「食について」

  • 調査期間:平成20年8月12日から平成20年8月25日
  • 全対象者:33名
  • 回答者数:12名
  • 回答率:36.4%

モニター属性(年代・性別)

  10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代
男性     3 3 1 1  
女性     2 1   1  

▼Q1.あなたが「食」について関心のある問題は何ですか。(複数選択可)

1.食生活の乱れ 2.生活習慣病(がん・糖尿病など)の増加 3.肥満ややせすぎの問題 4.食料自給率の低下 5.BSEの発生など、食品の安全確保 6.自然に対する恩恵や感謝の気持ちが薄れている
7 5 3 9 9 4

▼Q2.日ごろ、「食」に対して不安に思うことは何ですか。(複数選択可)

1.BSE 2.添加物 3.輸入食品 4.食中毒 5.残留農薬 6.産地偽装 7.賞味期限
5 7 9 1 8 5 4

▼Q3.「食」に関して何か気をつけていることは何ですか。(回答は1つ)

1.ある 2.ない
11 1

▼Q4.<Q3であると答えた方にお聞きします>
どんなことに気をつけていますか。お書き下さい

  • 栄養のバランス
  • 病気にならないための食生活
  • 極力、地産地消を心がけている
  • できるだけ国産のものを買うようにしている
  • 買いだめをしないようにしている
  • 何が入っているか調べて、添加物の少ないものを買うようにしている
  • 近隣の農作物を利用する魚介類と野菜中心の生活
  • できるだけ手作りのものを作り、母の味を覚えていてほしいのでお弁当などに煮物などを入れている
  • 生産地と賞味期限の確認
  • 地元で採れたものを買う
  • 添加物の少ないものを選らぶ

▼Q5.はじめにも書きましたが、清須市では食育推進会議が行われ、「食」に対する取り組みを始めています。あなたは「食育」について関心を持っていますか。(回答は1つ)

1.関心がある 2.関心がない
11 1

▼Q6.「食育」を効果的に進める上で、あなたが必要だと思うことは何ですか。(複数回答可)

1.地産地消 2.料理教室や講習会の開催 3.学校・家庭・地域を結ぶ話し合いの場 4.食品工場の見学受け入れ 5.食に関する情報提供
7 5 8 3 9

▼Q7.「食育」についてあなたは何を学ぶべきだと思いますか。(複数回答可)

1.楽しい食事や栄養管理などによる健全な食生活 2.料理についての知識や技術の習得 3.郷土料理などの食文化や歴史 4.食品添加物などの食の安全に関すること 5.農業生産や加工食品などの製造過程
11 2 6 7 4

▼Q8.今後「食」への取り組みとして「食育」を含め、どのようなことをしていけばいいと思いますか。自由にお書き下さい。

  • 子を持つ親への「躾」
  • 清須市で行われている「食育推進会議」の内容を公表してほしい
  • 生産者から販売者(途中の問屋なども含む)全員参加のコンプライアンス教育(勉強会)などの開催
  • 感謝の気持ちを忘れないようにしていけばいい
  • 農業の大切さ、自然の大切さ、食べることより野菜を作る過程の楽しさや大切さを学びたい
  • 農業体験の実施
  • 地元の生産物を購入しやすい施設があれば、もっと活用できる学校給食などで和食の良さを子どもたちに教えてあげてほしい
  • 早寝・早起き・朝ごはんを、もっと子ども、親に伝えることが大切だと思います
  • 親子料理教室(父親を含む)
  • 実際に野菜などを子どもたちが育てる

 今回は「食」についてのアンケートを取り上げました。現在、産地偽装や賞味期限など食に関わる問題が多く起こっています。その影響もあるのか、Q1で質問した「あなたが食について感心のある問題は何ですか」の回答の中で一番多かったのが「BSEの発生など、食品の安全確保」と「食料自給率の低下」でした。この回答から国内における食のあり方に多くの方が不安に思っていることが伺えます。そしてもう一つ分かったこととして、多くの方が何かしら「食」に関して気をつけているということです。日本では多くの食品を海外から輸入しています。そのおかげで私たちは不自由のない暮らしをしています。しかし、その一方で、海外で生産した食料に関わる多くの問題が発生しています。BSE問題をはじめ、中国で起こった残留農薬による事件、外国産のものを国内産と偽っていた事件など、ここ近年、頻繁に起きてきています。Q2の質問でも多くの方が不安に思うこととして「残留農薬」や「輸入食品」などを挙げています。またQ4の「(食について)どんな事に気をつけていますか」という質問に対しても、「賞味期限」や「生産地の確認」など、食に対する安全性を重視するような意見を書かれています。このように安全性に対する不安を多くの人たちが感じていることが伺えます。
 また、今回は「食」がテーマだったので「食育」についての質問もしてみました。この結果、多くの方が「食育」に関して関心を持っていると回答しました。「食育」については『すべての国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育む』を基本概念とした『食育基本法』が平成17年6月に定められました。それに伴い、食育についての取り組みを始めている市も多くあります。多くの方が食育に関して何らかの行動を起こさなければならないと考えているようです。その中にはやはり「食に関する情報提供」という意見が多く聞かれました。そしてQ7の「食育についてあなたは何を学ぶべきだと思いますか」という質問では「楽しい食事や栄養管理などによる健全な食生活」という意見が多かったことから、安全性だけではなく、健康管理にも不安を抱いている方が多いことが伺えます。
 今回、たくさんの意見を頂き読み取れるのは、一言に「食」といっても様々な意見や思いがあるということです。輸入食品に不安を感じる人、国内生産物に不安を感じる人、食生活に不安を感じる人など不安な思いを抱えている人が多いことが伺えます。しかしこういった不安が、「食」への関心に繋がっています。だから多くの方が「食」に対して自分なりに気をつけている事があると回答しています。また、不安ばかりではなく、地産地消や料理教室や講習会などを開いて公の場での情報交換などを行いたいと思っている方も多くいました。前向きに「食」と関わっていこうとする思いが伺えます。「食」は私たちにとってとても大切で身近なものです。食の安全性や食料自給率などの不安な気持ちもありますが、事実を受け止めて、それぞれがどのように「食」と付き合っていくかを考えていかなければいけません。
 なお、アンケート数が少数なため、この結果が必ずしも一般的な傾向に合致するとは限りませんので、あくまで参考としてご理解下さい。

お問い合わせ

企画部 人事秘書課
清須市役所北館3階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る