一般不妊治療費助成

不妊に悩むご夫婦に対して、一般不妊治療に要する費用の一部を助成します。
 申請は平成29年3月診療分から、平成30年2月診療分を平成30年3月30日(金曜日)までに行ってください。3月下旬は混み合いますので、できるだけ3月中旬までの申請をおすすめします。

対象となる方


 戸籍上の夫婦で産婦人科または泌尿器科において不妊症と診断され一般不妊治療を受けた方
※夫婦の所得により制限があります。

○児童手当法施行令第2条及び第3条の規定を準用します。
《算出方法》
夫及び妻それぞれ計算し、その額を合計します。
所得額=所得合計額−80,000円〔社会保険料等相当額〕− 諸控除額

補助金の額


 一般不妊治療に要した自己負担額の2分の1以内の額で、1年度あたり上限を5万円とします。助成期間は2年です。

申請に際しての必要書類等


◎転入の方は上記書類に加え、所得課税証明書もしくは非課税証明書
 (夫:1通 妻:1通)が必要です。
 
<5月末までに申請される方で、平成28年1月1日以降に転入された方>
平成28年1月1日に住所があった居住地での平成28年度所得課税証明書(平成27年分所得課税状況が記載)もしくは非課税証明書が必要です。
<6月以降に申請される方で、平成29年1月1日以降に転入された方>
 平成29年1月1日に住所があった居住地での平成29年度所得課税証明書(平成28年分所得課税状況が記載)もしくは非課税証明書が必要です。
※領収書が必要な方は、事前にコピーをとって原本とともに健康推進課に提出してください。原本は、「補助金申請済」の押印後、返却します。

申請書等必要書類はホームページよりダウンロード、または健康推進課の窓口でお渡しできます。

■お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課


[9]戻る
[0]トップページ
清須市役所
〒452-8569
愛知県清須市須ケ口1238番地
電話番号:052-400-2911(代表)
Copyright (C) Kiyosu City,
All Rights Reserved.