このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

住民票の写しの誤交付のお詫び

更新日:2015年4月2日

 平成26年5月26日に清洲市民サービスセンターにおいて、住民基本台帳事務における支援措置申出書による交付制限中の市外在住者の方の住民票の写しを誤ってDV等加害者に交付しました。
 被害者の方には、ご心配とご迷惑をおかけして、大変申し訳ございませんでした。
 また、市民の皆様には市政に対する信頼を損ね、深くお詫びいたします。

事案の概要

 清洲サービスセンターの窓口において、支援措置申出における加害者から戸籍謄本と住民票の写し(世帯全員分)の交付請求があった。
 交付請求を受け付けた派遣職員は、交付制限対象者であったため、センター所長を通じて戸籍謄本の発行に係る本庁担当課に確認したところ、戸籍謄本について発行禁止が解除されたため、住基のシステムでは「支援措置申出あり」と注意表示されていたが、交付請求のあった世帯全員の住民票の写しとして、支援措置申出者の除票の情報を含めた住民票の写しの発行を行ってよいものと誤解し、当該住民票の写しを加害者に交付した。
 なお、戸籍謄本の発行禁止の解除を行った本庁担当者は、その際に、所長に対し支援対象者の戸籍の附票と住民票の除票は発行しないよう連絡したが、所長は同担当者からの上記連絡を派遣職員に伝達していなかった。これは、住民票の除票は発行されないとの先入観があり、また、通常交付時には二重チェックする体制であったが、昼交替時で職員が少なかったため実行することができなかった。

再発防止措置

住民票交付システムは、支援措置申出者の発行禁止措置を新たに設定し、また、交付請求があった場合は本人確認を実施し、正当な請求であるのか使用目的を確認するとともに、交付時には職員によるチェック体制の強化を行い、再発防止のため研修を実施している。

その他

 支援措置申出者の生命・身体の安全を確保し、保護することが最優先であることから、転居先が確保され、様々な手続きが完了した時点で公表する予定でした。

お問い合わせ

市民環境部 市民課
清須市役所北館1階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る