このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

更新日:2017年4月18日

1歳未満の乳児にハチミツを与えないでください。

乳児ボツリヌス症とは

乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽・増殖し、その際に産生される毒素により発症します。
ボツリヌス菌は、増殖に適さない環境下において、芽胞を形成します。芽胞を死滅させるには、120度4分以上またはこれと同様の加熱殺菌が必要です。100度程度では、長い時間加熱しても殺菌できません。
乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児に、ハチミツを与えるのは避けてください。

症状

便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、鳴き声が小さくなる等

予防方法

1歳未満の乳児には、ボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能性のある食品(ハチミツ等)を食べさせない。

ハチミツ自体はリスクの高い食品ではありません。
1歳未満の乳児にはハチミツを与えてはいけませんが、1歳以上の方がハチミツを摂取しても、本症の発生はありません。

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
清須市役所北館2階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る