このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者肺炎球菌ワクチン(23価)定期接種

更新日:2017年4月1日

平成29年度定期接種の対象者には個別に通知をいたします。詳細は個別通知文をご確認ください。

平成29年4月1日から平成30年3月31日までの定期接種対象者

  1. 平成30年3月31日までに、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方

     65歳:昭和27年4月2日生から昭和28年4月1日生の方
     70歳:昭和22年4月2日生から昭和23年4月1日生の方
     75歳:昭和17年4月2日生から昭和18年4月1日生の方
     80歳:昭和12年4月2日生から昭和13年4月1日生の方
     85歳:昭和7年4月2日生から昭和8年4月1日生の方
     90歳:昭和2年4月2日生から昭和3年4月1日生の方
     95歳:大正11年4月2日生から大正12年4月1日生の方
     100歳:大正6年4月2日生から大正7年4月1日生の方
       
  2. 60歳以上65歳未満の方であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方 

注意1.既に肺炎球菌ワクチン(23価ポリサッカライド)の接種を受けたことがある方は対象外となります。
注意2.接種日に清須市に住民登録がない方はお受けいただくことができません。転出される方は転出先の市町村にお尋ねください。
 

接種期間

平成29年4月1日(土曜日)から平成30年3月31日(土曜日)まで

自己負担額

2,500円(生活保護受給者は免除)

接種までの手続き

指定医療機関で接種する場合

【指定医療機関で接種する場合】
1.予約

指定医療機関一覧表の医療機関にご予約ください。
予診票の質問事項のあてはまるところを記入してください。

2.接種当日 必ず(1)予診票、(2)保険証、(3)自己負担金をご持参ください。
医療機関に予診票を提出し、自己負担金をお支払いください。

指定医療機関以外(協力医療機関)で接種する場合

平成28年4月から愛知県広域予防接種事業(B類疾病)が始まりました。
住民登録のある市町村で予防接種を受けることが原則です。しかし、諸事情のある場合(※下記対象者に該当する人)に広域予防接種事業を利用することが可能になります。
※対象者(予防接種を希望する人)
清須市に住民登録があり、以下に該当する人
(1)清須市以外の市町村にかかりつけ医がいる人
(2)高齢者施設等の入所のため、住民登録している清須市以外での予防接種を希望する人
(3)長期に入院治療を要し、住民登録している清須市で予防接種を受けることが困難な人 など
愛知県広域予防接種事業(B類疾病)は、清須市以外の愛知県内でも予防接種を受けることができ、かかりつけ医による接種が促進され、より安全な接種を確保されるものです。
ご希望の場合は、かかりつけ医が協力医療機関であることを確認し、事前に健康推進課へ申請した後、接種することができます。

【指定医療機関以外(協力医療機関)で接種する場合】
1.確認 かかりつけ医が協力医療機関であるか確認してください。

2.申請

かかりつけ医が協力医療機関であれば、健康推進課で申請をしてください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県広域予防接種申請書(PDF:104KB)(ダウンロード可)
必ず(1)印章、(2)保険証、(3)【定期接種】高齢者肺炎球菌ワクチン接種予診票(23価)(藤色の用紙)をご持参ください。
申請後、「高齢者用肺炎球菌ワクチン広域予防接種連絡票兼接種済証」と広域用の予診票と交換します。

3.予約

かかりつけの医療機関にご予約ください。
広域用の予診票の質問事項のあてはまるところを記入してください。

4.接種当日 必ず(1)広域用の予診票、(2)保険証、(3)接種費用、(4)高齢者用肺炎球菌ワクチン広域予防接種連絡票兼接種済証をご持参ください。

医療機関に広域用の予診票を提出し、自己負担金をお支払いください。
高齢者用肺炎球菌ワクチン広域予防接種連絡票兼接種済証をお受け取りください。

指定医療機関以外(協力医療機関以外)で接種する場合

かかりつけ医が協力医療機関以外の場合、助成の手続きが必要です。

【指定医療機関以外(協力医療機関以外)で接種する場合】
1.予約

指定医療機関以外の接種希望医療機関にご予約ください。
予診票の質問事項のあてはまるところを記入してください。

2.接種当日 必ず(1)予診票、(2)保険証、(3)接種費用をご持参ください。

接種費用全額を医療機関にお支払いください。
医療機関で、必ず「領収書」、「予診票」をお受け取りください。
(注意)領収書には、肺炎球菌ワクチンを接種したことが分かるように明記が必要です。

3.助成金請求

接種後に市の窓口で助成金の請求(申請)をしてください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。定期の高齢者肺炎球菌予防接種費助成金請求書(PDF:83KB)(ダウンロード可)
【必要なもの】
(1)請求書、(2)領収書、(3)予診票、(4)振込口座番号又は通帳の写し(ゆうちょ銀行は振込用番号が必要)、(5)印章
★助成額は接種費用より自己負担金を引いた額(上限5,640円)

注釈)申請日の翌月25日(祝休日の場合は前営業日)に振り込みます。振込先等の書類に不備がある場合、予定日に振込みができなくなりますのでご注意ください。

指定医療機関

指定医療機関については、下記にてご確認いただくか、もしくは健康推進課までお問い合わせください。

経過措置(平成27年度から平成30年度までの定期接種対象者)

  1. 平成27年度から平成30年度までの間は、当該年度の初日から末日3月31日までに65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

※平成27年度に高齢者肺炎球菌ワクチン(23価)の定期接種対象者の方で、まだ未接種の方は新規ウインドウで開きます。任意接種をご利用ください。

経過措置終了後(平成31年度から)の定期接種対象者

  1. 65歳の方
  2. 60歳以上65歳未満の方であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
清須市役所北館2階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る