このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
清須市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual(外国語)
  • サイトマップ
  • 防災・安心
  • くらしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

風しんについて

更新日:2018年10月22日

概要

愛知県から、県内の風しんの患者数が急増しているという発表がありました。
風しんは今後も拡大する可能性がありますので感染防止に努めてください。

風しんとは

風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間が2から3週間(平均16日から18日)で、軽い風邪症状で始まり、発熱、首のリンパ節の腫れ、全身性の発疹の症状が主症状です。そのほか、眼球結膜の充血もみられます。麻しんに比べると感染力や症状が比較的軽い病気ですが、まれに脳炎などの合併症が起きることがあります。
また、妊娠初期の妊婦さんが風しんウイルスに感染すると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、精神運動発達遅延などの先天性風しん症候群(CRS)児が出生する確率が高いことが知られています。

風しんを予防するために

風しんを予防するためには、予防接種を受けることが重要です。
風しんの定期予防接種(第1期:1歳児、第2期:小学校就学前の1年間)をまだ受けていないお子さんは、かかりつけ医に相談し、早めに予防接種を受けましょう。
また、妊娠を希望する女性を対象に風しん予防接種費一部助成事業を実施しています。

発症した場合の対応について

発疹や発熱などの症状が現れたら、必ず事前に医療機関に風しんの疑いがあることを伝え、医療機関の指示に従って早めに受診しましょう。
受診の際には、マスクを着用するなど、感染を広げないように注意し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

関連情報

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
清須市役所北館2階 (〒452-8569 清須市須ケ口1238番地)
電話番号:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963

このページの作成担当にメールを送る

この情報は皆さまのお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

1. このページの情報は役に立ちましたか?



2. このページの情報は見つけやすかったですか?



3. このページはどのようにしてたどり着きましたか?




本文ここまで

以下フッターです。
  • このサイトについて
  • 個人情報の取り扱いについて
  • 免責事項
  • お問い合わせ
  • アクセシビリティ

清須市役所

〒452-8569 愛知県清須市須ケ口1238番地 電話:052-400-2911(代表) ファクシミリ:052-400-2963
Copyright (c) Kiyosu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る